タグ別アーカイブ: ベランダ

他の何物にも似ていない良い道具、eva solo~第2回~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz

今日は、私が日常でキャンドルを使うようになるキッカケとなったランタンをご紹介します。07 梅雨らしい日々が続いていますね。昼間は蒸し暑いのに体がまだそれに慣れていなくって、ぐったりしながら家路につきます。夜になれば少し涼しくなってくるのが夏とちがうところ。しっとりと冷たい空気はリフレッシュにもってこいです。冷たいお茶を入れて、ランタンを持って、テラスへ出ます。

06 いそいそと犬もついてきます。何をするでもないんですが、なんとなく寄り添ってくれます。気配を探って耳を立てたりしているので、たぶん守ってくれてるつもりなんだろうなあと思います。柔らかい光と柔らかい毛並、安らぎます。気持ちも体もゆるんでいくのをじわじわと感じます。

05さてこのランタン。ガラスで覆われているので、風が吹いても炎が揺らぎません。キャンドルの炎が長持ちするし、そう易々と延焼したりしないだろうという安心感があります。火ってやっぱり怖いものなので、この安心感がとっても大事。

04 とはいえ、さすがに小さな子供がいるところでは怖くて使えませんけれども。もともと私は火事がこわくてどうにもキャンドルを日常使いするのは敬遠していたのですが、試しにとeva soloのランタンを使ってみたら「気を付ければ大丈夫なんだな」と実感できたので、その後はちょこちょことキャンドルを使うようになりました。

03 北欧ではキャンドルを屋内外問わずよく使っています。建物の材質による制限はあるかと思いますが、とても素敵だなと思います。家の中の照度を抑えてあるため、暗い夜、家の外と中がシームレスに繋がっているようで、家の中から外を眺めると、まるでこの部屋の空間がずっと向こうまで続いているような広がりを感じます。長い冬の閉塞感を解決するための工夫なのかもしれません。

02家の中に戻りました。 ダーラヘストはスウェーデンの伝統工芸品なので、eva soloの故郷デンマークとはちょっと離れていますが、北欧というくくりで並べてみたり。eva soloはいずれもかなりモダンなデザインですが、奇抜ではないのでインテリアや他の雑貨とよく馴染んで一緒にうまくやっていけます。

01我が家ではクリスマスシーズンに限らず、いつでもそこかしこにニッセがいます。ダーラヘストもそうですが、彼らは家に幸せを運んでくれるそうです。焚火にあたって暖をとっているみたいな風景になってしまいましたね。照度を落とした家の中だとキャンドルの炎が本当にキレイに映えます。ハンドルがあるので持ち運びやすいというのも長所です。

08ガラスとステンレスなんて硬質な素材ですが、曲線やツルの細さのためか植物との相性がよくって、何気なく置くと植物のそばだった、ということが多いです。これからどんどん繁茂していく季節になりますから、ますますランタンの登場する機会が多くなりそう。キャンプに持っていくのも素敵だろうな。楽しい計画が溢れます。

他の何物にも似ていない良い道具eva soloで、どうぞ気持ちのいい毎日を。

eva soloのご購入はこちらから⇒

今回ご紹介した商品:eva solo ハリケーンランプ(ランタン)eva solo デリ・ジャー(1.0L)iittala アイノ・アールト ハイボール(クリア) , PLASTEXじょうろ(2L) , NORDIKA design 木製ニッセ人形(そりに乗ったサンタ)

次回はソープディスペンサーについて語ります。

(カトー)