月別アーカイブ: 2016年6月

ノルウェーの自然と建築、そしてA.I.(映画『エクス・マキナ』)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz

人工知能(A.I.)をテーマにしたスタイリッシュなSF作品、と好みを直球で突かれて矢も盾もたまらず、日本での封切り直後に観に行った映画『エクス・マキナ』。これが意外なことに、北欧デザインととても深い繋がりがあって、思わず劇場の座席で「おっ!」と前のめりになってしまいました。作中ではひとことも「北欧」とは言っていませんけれども、わかる人はわかる(そして喜んじゃう)し、北欧デザインらしさは全編通してひしひしと感じます。

開始早々、とある男がヘリコプターで物語の舞台となる別荘へやってきます。荒々しい地形、豊かに生い茂る植物たちの種類から「なんとなく北欧っぽいな」という感じがしますが、この時点ではまだ確信には程遠い状態。

ヘリから降ろされた男が川沿いに歩いていくと、植物の向こうに見え隠れする、箱型の小さな住居らしきものが。近づくと、シンプルながら特徴的なファサードが表れます。男がその建物に近づくにつれ明らかになる細部を観察すると、それがただの掘立小屋でなく、極めて緻密にデザインされた建築であると気づき、そしてパチン!と頭の中で弾けたように記憶が繋がります。

Landscape Hotel(a+u 09:10)

Landscape Hotel(a+u 09:10)

グドブランスユーヴェ・ランドスケープ・ホテル!!

ということはここはノルウェー!

 

もう頭の中ではヒューヒュー!と口笛が響き渡っています。建築雑誌で写真や図面は見たことがありますが、映像で見るのは初めてです。内部空間はどんな感じなのかと前のめりでスクリーンを見つめていると、パアッと開けた明るい空間が映し出されます。

 

??? あのホテルの中にこんな広い空間が内包されているはずないけどな?あれ??

 

こちらが戸惑っているうちに、男はさらに奥へ進み、デッキに出ます。ここはまた元のランドスケープ・ホテルのデッキ。あれれれ?、と思いながらもう一度さっきの開けた空間を思い出します。ガラス張りの階段室、鋭利な幾何形体で構成された暖炉、ガラスを媒介にして地形を内部に取り込んでいる独特な空間。

Summer House Storfjord(a+u 13:11)

Summer House Storfjord(a+u 13:11)

一度見たら忘れない、これはそう、イェンセン・アンド・スコドヴィンのサマーハウス!そうかランドスケープ・ホテルの設計も彼らだ!二人ともノルウェー出身の新進気鋭の建築家で、自然と建築との共生の考え方、また合理的で質実剛健だけれど繊細さによってゴリゴリのゴツさを回避してデザインを着地させているところなどに北欧らしさを感じます。

 

はーようやくスッキリ。あたかも1つの建物であるかのように錯覚しましたが、2つの建築が空間ごとにコラージュされていたのです。映像ってこういう「空間の切り貼り」ができるんですね!自由だ……。なまじ実空間の方を知っているので混乱してしまいました。あー頭の中でグリグリ空間動かすの楽しかった!

 

映画『エクス・マキナ』ポスター

映画『エクス・マキナ』ポスター(新宿シネマカリテにて)

このノルウェーの豊かで厳しい自然を破壊せず、時に内部に取り込みながら共存する建築のあり方は、この映画のキーである「検索エンジン」の有機的ネットワークと工学とのハイブリッドなあり方や、主人公であるA.I.搭載のロボットAVA(エヴァ)の造形デザインの思想と通底しています。このAVAのデザインの美しいこと!とてもエレガントで、役者のアリシア・ヴィキャンデルさんのお顔や雰囲気ともとても馴染んでいます。そういえば、彼女はスウェーデンのヨーテボリ出身です。おお、ここでも北欧繋がりが。

 

この物語の舞台はまるでエデンのようです。とても豊かで、全世界と(インターネットで)繋がりながらも、閉塞的で内外の行き来はとても困難。川が流れているのも象徴的。主人公のA.I.のAVAという名は、人類の父母たるADAMとEVEの名をひとつにしたようにも思われ、つまりそれは、人類を超越したA.I.という「生命体」の祖となることを暗示しているのかもしれません。

 

なんてことをつらつらと考えながら、ロールストランドのエデンのリンゴをまじまじと見てしまったりして。(先週発売と同時にほぼ完売してしまいました。マグと大きいボウルのみ、キャンセル出まして僅かですが在庫あります)

Rorstrand - Eden(エデン)/マグと大きいボウルのみ在庫あり

Rorstrand – Eden(エデン)/マグと大きいボウルのみ在庫あり

今後ノルウェーのプロダクトを増やしていきたいなー。

 

【参考】

映画『エクス・マキナ』公式サイト http://www.exmachina-movie.jp/

Jensen & Skodvin(イェンセン・アンド・スコドヴィン) http://www.jsa.no/

Juvet Hotel http://www.juvet.com/en