年別アーカイブ: 2016年

BY MAYのデザインワークのぐるりについて

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz

夏に北欧出張に行った折、BY MAY(バイ・メイ)のスタジオを訪ねました。工場をリノベーションして、今や多くのデザイン事務所が入居しているという建物の一室には、マリアとヨハンナのデザインワークがそこかしこに飾られ、そして使われています。

IMG_4605

BY MAYのスタジオ

 

ミーティングルームにはクロワッサンやお菓子を用意してくれていました。みんなポリゴンマットにクロワッサンの皮をぽろぽろこぼしながら、新商品のアイディア出しやら近況報告やら。お花がかわいらしくさわやかに生けてあり、シルエット・フロストのウィンドウフィルムが思い起こされます。生けたのはヨハンナで、そのシャイで優しい人となりが、このお花のアレンジメントにも、彼女デザインワークにも同じように表れているなと感じました。

IMG_4599

IMG_4600

 

ミーティングのあとは、ディナー!一日展示会を歩き回ったあとだったのでおなかぺこぺこです。

外に出たら素晴らしい青空が広がっていました。このあたりはスウェーデンの中でも最近注目されている、若手の新進気鋭のデザイナーが集まるエリアとのこと。歩いてみると、街の雰囲気がとっても気持ち良くて、「ここに住みたい!」と何度もつぶやいては笑われてしまいました。本当にいいところ。美しい秩序があります。心を落ち着けて制作に没頭できる予感がします。クリエイティブな仕事をするのに、自分の身の回りの環境を整えることはとてもとても大事です。この環境が彼女たちのデザインワークを支えているんだな。

 

ここなら、仕事でちょっと煮詰まったら、すぐそこにあるヨガやトレーニングスタジオで体を動かしたり、川の流れる公園を散歩したり、とてもすこやかに暮らせそう。

IMG_4607

IMG_4608

IMG_4609

IMG_4610

そして歩くこと数分。なんと船着場に着きました。バカンスでしか出会わないような、和やかで豊かな光景が、仕事場から歩いて数分の距離にあるってどういうこと???最高では。

暮らしたーい!ここで暮らしたーーーい!冬は寒いかもしれないけどがんばるから!

IMG_4613

素晴らしいなーと思っていたら、船が近づいてきます。アンナが「さあ、乗って!」と。どうやらこれは定期便で、このあたりの人々の生活の足になっているようです。対岸に渡るまでの数十分間、タイニークルーズを楽しみました。夏の北欧で船に乗る、って最高のアクティビティだなー。

BY MAY

IMG_4617

 

船から降りて公園で聞いたことのない鳥の声を聞いたり、実物を初めて見る植物に触れたり、古い家々を眺めたりしながら、レストランに到着。とても人気なお店らしく、前々からリザーブしてくれていたとあとでわかって感激しました。ワイルドさと繊細さを絶妙にバランスさせたお肉料理と、毎日食べたいと思うほど好みど真ん中のパンをたらふくいただきました。ふたりのオススメのショップやギャラリーを尋ねたら、A4の紙いっぱいに書き出してくれてとってもうれしい。今回は時間が足りないけど、スタッフで共有して次回絶対行くから!

IMG_4644

彼女たちと話していると、クリエイティブな空気に包まれてとても心地良いんです。美大にいたころ、仲間たちとアトリエや工房で時間を忘れてあれこれ話していたときの感覚を思い出して、懐かしい気持ちになります。BY MAYはスウェーデンで最も注目されているデザインユニットのひとつであり、今後どんどん仕事の幅を広げていくと思います。私たちも、彼女たちがブランドを育てていくのに力を添えて、そうして生み出されるプロダクトを丁寧にご紹介していきます。

 

【北欧雑貨で手に入る、BY MAYのデザインワーク】
▶Siluett Frost(シルエット・フロスト)ウィンドウフィルム
http://www.hokuouzakka.com/products/list.php?name=sft20150327
▶ポリゴンプレイスマット&コースター
http://www.hokuouzakka.com/products/list.php?name=bmy160810

【BY MAY】
http://www.bymay.se/