月別アーカイブ: 2015年2月

INTERVIEW:FINLAYSONのCOO・リストさんに訊きました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz

フィンランドを代表するテキスタイルメーカーFINLAYSON(フィンレイソン)。1820年の創業以来、その高品質なアイテムは広く世界中で愛されています。そんな長い歴史を持つフィンレイソンが、最近なにやら新しい動きをみせています。気になるその動きについて、FINLAYSON社のCOO(最高執行責任者)、Risto Voutilainenさん(以下 リストさん)にお話をうかがいました!

*ページ最後にプレゼントのお知らせがあります。要チェック! ※プレゼントは終了しました。

FINLAYSON社COO Risto Voutilainenさん

FINLAYSON社COO・Risto Voutilainenさん

—— FINLAYSON社のフィロソフィーについておうかがいします。”YOU NEED SOMETHING SOFT BETWEEN YOU AND THE WORLD”、とても素敵な理念だと思います。この理念を掲げるにいたった背景をうかがえますか?フィンランドの気候や文化的背景なども関わってくるかと思うのですが。

ありがとう。しかしせっかくですが、この理念は以前のもの(というと語弊がありますが)、我々はもう「その次のステップ」に向かっているんです。

—— !!(いきなり覆されてしまった!)なるほど、では、「その次のステップ」とは?

FINLAYSONは1820年にタンペレで工場を設立しました。それからその工場では北欧ではじめて電気を導入しました。さらにその中に幼稚園、教会、病院などを作りました。そして、これが、そこで使用していた紙幣”FINLAYSON MONEY”です。これはコピーですが。

FINLAYSON MONEY

FINLAYSON MONEY

—— あ!本当だ、紙面に「FINLAYSON」の文字が!

従業員の給料はこれで支払っていました。この頃、FINLAYSONでは様々な新しいことに挑戦していました。新しいプリント、新しいテクノロジー。過去を振り返らず、前だけを見続けてきました。これを、この姿勢を、今の時代にもう一度やりたいんです。過去を振り返っているばかりでは何もできません。過去のものは過去のものとして踏まえながら、我々は「次のアクション」をとらなくてはいけません。

—— 具体的には、たとえば?

年に3~4回新商品を発表していきます。古いもの、新しいもののよさをうまく撚り合わせながら。たとえばTOM OF FINLAND(※フィンランド出身のアーティスト。アメリカで活躍し、ゲイセクシャルを力強く表現した作品は、ポップカルチャーやファッションに多大な影響を与えた)とコラボレートしたアイテムの発表は、そのアクションのひとつです。

我々は新たな「クラシック」を産んでいきたいのです。

「クラシック」とは、よく売れたもののことです。ただ古いというだけではありません。どの家にも必ずある、そういうもの。そのデザインがどんなに優れていたとしても、それがとてもよく売れたものでなければ、それは「クラシック」とは呼べないのです。

たとえば、1970年代にArja Mattilaがデザインしたテキスタイル、ブラウンの地に白いハート柄というとてもなじみ深い色やモチーフを使ったものですが、これはものすごい人気で、FINLAYSONの中でベストセラーです。百万メートル以上プリントされました。そう、これが「クラシック」です。

—— スタンダード、定番というものに近いですね。

ええ、しかしそれにはとっても時間がかかりますね。

—— 話を戻してしまいますが。TOM OF FINLANDとのコラボレーションアイテムをはじめて見たときには、正直ビックリしました。ショックを受けたというか……FINLAYSONのイメージが変わりました。

我々がTOM OF FINLANDからコラボレーションの話を持ちかけられた時、即座に決定しました。クリスマスシーズンにはギフトとしてよく売れました。TOM OF FINLANDは、フィンランドで最も認められたアーティストであり、彼の作品は芸術的価値がとても高いのです。ショックを受けるというのもわかります、しかしアートとはそういうものです。

今後も我々は挑戦を続けていきます。

—— 今後の新しい試み、とても楽しみにしています。どうもありがとうございました。

ありがとう!

 

****************

【インタビューを終えて】

貴重なお話が聞けました。

FINLAYSONといえば、ムーミンや、伝統柄や、植物や動物をモチーフとした可憐な柄などのかわいらしいイメージがありました。それらと、”TOM OF FINLAND”のイラストレーションが並んでいるのを見た時の驚き。でも確かに、アメリカのポップカルチャーの文脈で認識していたけれど、その名のとおりTOMさんはフィンランドの人なのでした。(本名のToukoはアメリカでは呼びにくかろうということでTOMと名乗ったそうです)

フィンランドでは、昨年2014年11月に同性婚法が可決し、今年2015年から同性結婚ができるようになりました。議会での票数を見ると接戦だったことから、まだわだかまりはあると思います。このタイミングでFINLAYSONがゲイアートの巨匠たるTOM OF FINLANDとのコラボレートをするということは、企業としての姿勢を世界に向けて発信したことになります。それはリストさんのおっしゃったように、挑戦の姿勢です。そして、クリスマスギフトとしてたくさんの人が買い求めた、つまりたくさんの人がその姿勢を受け入れたということです。確実に新たなクラシック誕生への道を歩んでいますね。

日本のメーカーとのコラボレーションを積極的に進めているのも、挑戦の姿勢のあらわれ。私たち北欧雑貨も、今後どんどんと新たなFINLAYSONをご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

Kaj Franckデザインのエプロンを掲げるリストさん(イルムスにて)

Kaj Franckデザインのエプロンを掲げるリストさん(イルムスにて)

****************

【プレゼントのおしらせ】 ※プレゼントは終了しました。

リストさんからおみやげをいただきましたよ!エプロン2種類、それにペーパーナプキン各種を加えて、全部で20名様にプレゼント!先着順です。特にムーミンのエプロンは、フィン・エアー限定柄のレア・アイテムです。

おみやげ

プレゼントはこちら!

対象期間2月6日(金)18:00~ご用意数配布完了まで ※終了しました。

対象条件:1注文が、FINLAYSON製品を含み、5,000円(税込)以上のお客様/先着20名様
※2件以上のご注文を合算することはできません。
※送料は合計に含みません。
※ポイント利用で5,000円(税込)を下回った場合は対象

エントリー方法:ご注文するだけで自動エントリ

お断り:
■上記期間内にご注文いただいた方に限ります。
■ポイント利用により対象額を下回った場合もプレゼント対象となります。
■写真と実際にお送りする商品とは若干仕様が異なることがございます。
■セール品のお買い物もプレゼント対象になります。
■2件以上のご注文を合算することはできかねます。
■ご注文後のキャンセルは対象外となります。
■返品の場合はプレゼント品もお戻しいただきます。(お客様負担)
■ご注文後の当確有無など個別のご回答を承ることはできません。
■プレゼント品は、商品と同梱となり別送は承れません。
■ご注文者様と配送先が異なる場合は対象外となります。
■結果は商品の発送を以ってかえさせていただきます。
■プレゼント品のコンディションにかかわらず交換は不可となります。
■お客様によるプレゼント品のご指定はいただけません。