作成者別アーカイブ: 店長カトー

映画『THE GUILTY/ギルティ』、完全にしてやられた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz

2月22日(金)公開のデンマーク映画『THE GUILTY/ギルティ』をご紹介します。めちゃくちゃおもしろくて、はやく感想を語り合いたくて仕方ないんですが、でもネタバレしてしまうと初見時のカタルシスが台無しになるので我慢するほかなく、もうもうもう、ひたすら公開を首を長くして待っています。

【イントロダクション】
真夜中の緊急指令室。誘拐された女性からの通報。解決の手掛かりは電話の声だけ。音だけの見えない事件、一秒たりとも聞き逃せない―。

緊急通報指令室のオペレーターであるアスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急搬送を遠隔手配するなど、些細な事件に応対する日々が続いていた。そんなある日、一本の通報を受ける。それは今まさに誘拐されているという女性自身からの通報だった。彼に与えられた事件解決の手段は”電話”だけ。車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣い・・・。微かに聞こえる音だけを手がかりに、“見えない”事件を解決することはできるのか―。

サブ1

ギルティ_ロゴ

【感想】
最初から最後まで、想像力がフル稼働させられ続ける映画だ。スピーカーから与えられる情報に全神経を集中させて、一体いまスクリーンの中の世界で何が起きているのかを必死で考える。まるで当事者のように没頭する。こんなにも主人公と一体感を得て、身を乗り出してかぶりついてしまう映画が今まであっただろうか?

サブ3

この映画で写されるのは、緊急通報指令室という密室の中の様子だけ。遠く離れた事件現場も、被害者も、犯人も、一切写されない。この映画の表現として凄まじい制限を逆手に取り、観客をリードしていく手腕があまりにも見事で、最後の瞬間に「してやられた!」という悔しい気持ちと「やってくれたなあ!」という愉快な気持ちが同時に沸き起こって、胸がいっぱいになってしまって大変だった。物語はずっと緊迫しているので、その鬱屈からの解放もあり、カタルシスが半端ない。北欧映画らしく暗く重いテーマながら、北欧映画ファン以外にも安心して勧められそうだなと思ったのは、きっとこの一種の爽快感のためだろう。初見時のこの爽快感をもう一回味わいたい!と不可能なことをつい思ってしまうほどに気持ちがよかった。

サブ2

推理ものがお好きなら、この状況設定を聞いた時点で「アームチェア・ディテクティブだな」と思われるだろう。現場捜査をせず、椅子に腰をおろしたままで事件の謎を解くミステリ。しかし本作の主人公は、安楽椅子探偵よりもさらに得られる情報が少ない。【写真がない】。この差は凄まじく大きい。昨今、スマートフォンを常時携帯する私たちはすぐに写真や動画を撮ってシェアする。その素早く正確な情報伝達手段を封じられた時、私たちは同じ世界に生きながら、それぞれの頭の中ではこんなにも異なる風景を認識してしまう。緊急時ならなおさらだ。

サブ4

紀元前の時点ですでにユリウス・カエサルが言っていたが、二千年経った今もあいも変わらず人は自分が見たいように見てしまう。常識・通念やステレオタイプ、あるいは個人的な偏見に影響されない人はいない。しかしそうして「見たい」と願った以外の部分、すなわち「見ない」と断じた部分を、覗き込んだらどうなるだろうか?
それがこの映画だ。

サブ5

本作では「事実」としての映像が出されないため、私たちがそれぞれの想像力によって「見た」事柄が否定されないのもミソだ。本当に見事としか言いようがない。そして最後の最後に、思わぬ方法で自らの持つ偏見が暴かれて「まさか!!!」と叫んでしまうのだ。完全にしてやられた。

サブ6

この映画を観終えた人とはやく語りたい。訊きたい質問があるのだ。「どこで気づいた?」

初見時の衝撃はもう二度と味わえないけれど、この問いへの答えを確認するために再見せずにはいられない。これは本当に、密室である映画館で観るにふさわしい映画だ。ぜひ劇場で観ることをおすすめしたい。語り合いましょう。

店長カトー

『THE GUILTY/ギルティ』
監督・脚本:グスタフ・モーラー
出演:ヤコブ・セーダーグレン、イェシカ・ディナウエ、オマール・シャガウィー、ヨハン・オルセン他
2019年2月22日(金)
新宿武蔵野館/ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
配給:ファントム・フィルム
提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ
Ⓒ2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S
https://guilty-movie.jp/
第91回アカデミー賞外国語映画賞デンマーク代表
サンダンス映画祭観客賞受賞